Twitter(SNS)とワードプレスを連携し自動投稿する簡単な方法

ブログ

今回はTwitterやInstagramなどSNSとワードプレスブログを連携させ、ブログ記事を更新した際にSNSへ自動投稿させる方法について説明します。

ワードプレスブログとSNSアカウントがあれば1分程度で設定は完了しますので自分の労力を減らすため、自動化してみましょう。

この作業をすることであなたのワードプレスブログで作成した記事がTwitterにこのように自動投稿されます。

これなら楽でいいですよね。

僕はどちらかというとTwitterとかの毎日投稿とかって苦手なので自動投稿って真面目にありがたいです。笑

では早速行きましょう!

SNSとワードプレスブログを連携させ自動投稿するプラグインJetpack

JetpackはTwitterやInstagram、FacebookなどのSNSと連携が可能です。

有料プランもありますがSNSの自動投稿は無料使用可能ですので今回はその方法を紹介します。

Jetpackをワードプレスブログへインストールし、SNSと連携

まずワードプレスダッシュボードよりプラグインをクリックし、Jetpackというプラグインを検索し今すぐインストールをクリックします。

次に「有効化」をクリックします。

有限化すると真ん中にJetpackを設定が出てくるのでクリックします。

そうしたら今ログインしているワードプレスアカウントとの承認を求められるので、良ければ承認をクリック。別のワードプレスアカウントと承認したければアカウントを切り替えましょう。

承認するとJetpackのサイトへ飛びますので、スクロールして下部のStart for freeをクリックします。

次にワードプレスダッシュボード画面へ飛ぶのでJetpackからいろいろ質問されますがこれは有料プランの勧誘なので無視してOKです。

僕は確か2,3問答えました笑↓

この辺はやってもやらなくてもいいいですので、ダッシュボード左枠に「Jetpack」が追加されているのでクリックします。

画像①~④の順に従ってクリックしていき、最後にソーシャルメディアアカウントを接続するをクリックします。

そうするとSNS一覧が表示されるので今回はTwitterで試すのでTwitter右側の連携をクリック。

Twitterのアプリケーション認証マドが開くので、そのTwitterアカウントで良ければ、連携アプリを認証をクリック。

僕の場合だけか分かりませんが、次にこの画面が出てきましたので再度Twitterアカウントを選択し、接続をクリック。

最後にこの画面になるので、Twitter欄に接続を解除が出ていれば、Twitterとの連携は完了です。

これでブログ記事を更新した際にTwitterへの自動投稿が可能になりました。

連携後は一度テストしてみることをお勧めします。

Twitter(SNS)とワードプレスを連携し自動投稿設定の動画

こちらで一連の流れを動画にまとめてあるので動画で観覧したい場合は視聴してみてください。

Twitter(SNS)とワードプレスを連携し自動投稿用ツイートを【テンプレート設定】する方法

今回はJetpackを使いWordpressと連携する方法を紹介しましたがTwitter(SNS)とワードプレスを連携し自動投稿用のツイートをテンプレート設定できるプラグインもあります。

毎回同じツイートになってしまうというデメリットもありますが、僕はJetpackとそのプラグインで使い分けて使っています。

ツイートをテンプレート設定できるプラグインの導入方法はこちらでまとめてありますので読んでみてください。

WordPressでTwitter自動投稿するプラグイン厳選2選

コメント

タイトルとURLをコピーしました