サイトマップ作成無料プラグインで自動生成の丁寧な手順方法

ブログ

ブログでサイトマップを作成する意味は
ブログ内の情報をGoogleに的確に
送信することが出来るということです。

その結果より多くの人に
あなたのブログを認知させることが出来ます。

サイトマップの設定は簡単です。


設定には

  • WordPressの無料プラグインの「XML Sitemaps」
  • Googleのブログ解析無料ツールの「サーチコンソール」

この2点を使います。


ブログを始めた際にすぐに設定することをお勧めします。

ブログのXMLサイトマップとは?

XMLサイトマップとはブログ内の情報(コンテンツ)の一覧表です。

そして作成することで
Googleに的確にブログの情報を
伝える役割があります。

その結果

  • 新規記事・過去記事の更新がGoogleから認知されやすくなる
  • Googleから正しく評価もされやすくなる
  • Googleへ正しく情報が伝わるので検索エンジンで上位表示されやすくなる

こういったメリットがあります。

冒頭でもいいましたが設定は簡単で
1度設定すれば
後はGoogleへ自動送信されます。

それでは早速まずXMLサイトマップを作成します。

そのために必要なのが
WordPressの無料プラグインの「XML Sitemaps」です。

それでは設定を解説します。

XMLサイトマップをプラグインで作る

WordPressの無料プラグインの「XML Sitemaps」を使って
XMLサイトマップの作成をしましょう。

WordPressの管理画面へアクセスし
プラグイン→新規追加と進みます。

そして検索窓にXML Sitemapsと打ち込みましょう。

出てこない場合は「Google」で検索してみてください。

XML Sitemapsが表示されたら「今すぐインストール」

そしてしばらく待つと有限化となるので「有限化」をクリック

これでXML Sitemapsの追加は終了です。

XML Sitemapsの設定

有限化が終わったら
WordPressダッシュボード左側の
設定にマウスを合わせると
XML Sitemapsが追加されています。


XML Sitemapsをクリックします。

するとチェックをする項目等が出てきます。

それでは以下の項目を簡単に設定していきましょう。

  • 基本的な設定
  • 投稿の優先順位の設定
  • Sitemapコンテンツ設定
  • Change Frequenciesの設定
  • 優先順位の設定

基本的な設定

この5か所にチェックを入れてください。

【チェックをする】

  • Notify Google about updates of your site
  • Notify Bing (formerly MSN Live Search) about updates of your site
  • サイトマップの URL を仮想 robots.txt ファイルに追加
  • Try to automatically compress the sitemap if the requesting client supports it.
  • デフォルト設定を使用

「Notify Google about updates of your site」
・「Notify Bing (formerly MSN Live Search) about updates of your site」

にチェックを入れる理由

グーグル検索エンジンに素早く更新や変更を伝える効果があります。

「サイトマップの URL を仮想 robots.txt ファイルに追加」にチェックを入れる理由


サイトマップの場所を検索エンジンに正確に伝える効果があります。

「Try to automatically compress the sitemap if the requesting client supports it.」にチェックを入れる理由

これは難しい話ですが簡単に説明するとサイトマップが
膨大になった時に圧縮するかどうかの設定なので
「デフォルト設定の使用」にチェックでOKです。

【チェックを外す】

  • HTML形式でのサイトマップを含める

「HTML形式でのサイトマップを含める」を外す理由

少し難しい話ですが
自動的に生成されたHTML形式のサイトマップが
Googleへ記事更新を自動送信する際に
エラーになってしまうことがあるためです。

投稿の優先順位

次に投稿の優先順位を設定します。

優先順位を自動的に計算しないにチェックを入れます。

Sitemapコンテンツ設定

次の4つの項目にチェックを入れましょう。

【チェックを入れる】

  • ホームページ
  • 投稿(個別記事)を含める
  • カテゴリーページを含める
  • 最終更新時刻を含める

この4つを設定することで
コンテンツの大事な部分のみを
サイトマップに掲載してくれます。

そのためGoogleのAIクローラの最適化になり
結果的にSEO対策に繋がります。

Excluded ItemsはそのままいじらなくてOKです。

Change Frequenciesの設定

Change Frequenciesの設定とは更新頻度の設定です。

ページの予測される更新頻度を指定して
Google検索エンジンに知らせる役割があります。

Googleのサイト巡回システムのクローラが
こちらで設定した内容を参考にして
あなたのサイトを回るんですね。

以下の設定をすることで
ブログ内で重要なページにクローラが
記事の更新を認識しやすく出来るので
おすすめです。

優先順位の設定

優先順位は

・1.0が重要

・0.1はほとんど重要でない

の範囲で1.0~0.1の間で設定できます。

基本的には先ほど設定した
Change Frequenciesの設定(更新頻度の設定)の
内容に合わせて設定しておけばいいです。

Change Frequenciesの設定での目安

重要度→毎日

ほとんど重要でない→毎年

これで設定は完了です。

設定が完了したら以下のURL部分をクリックしてください。

このような画面になればOKです。

Googleサーチコンソールにサイトマップ送信する

次にGoogleサーチコンソールの設定をします。

Googleサーチコンソールは
ブログSEO対策になる
機能が複数搭載されています。

詳しくはこちら

Googleサーチコンソール導入後できることとは?初心者必見の3つの機能とは

それではサーチコンソールで
サイトマップを追加する手順を説明します。

サーチコンソールには以下の3つの送信をします。

  • sitemap.xml
  • sitemap.xml.gz
  • feed

送信が完了するとこのようになります。

それぞれ意味があります。

sitemap.xmlはsitemap.xml.gzと
同じものだけど
検索者のために送った方が役立つ

sitemap.xml.gzはsitemap.xmlが
圧縮されたデータのためサイズが小さい分
トラフィックの節約になり
全ての検索エンジンから読み取られやすくなる

feedはRSS/Atomフィードの略で
サイトの最新の更新データを送信することが出来る

という意味があります。

とは言えこれだけ見るとよく分かりませんよね。

簡単に言えばこの3つを送ることで
1つを送信するよりも
よりGoogleへのサイト更新を素早く伝えられるので
SEO効果が期待できると覚えておいてください。

サイトマップ送信手順

サーチコンソールにログイン後
以下の作業を行います。

①左メニューよりサイトマップをクリック

②新しいサイトマップの追加の空欄にURLを入力する
「sitemap.xml」「sitemap.xml.gz」「feed」

*それぞれ1つずつ送信してください

③新しいサイトマップの右側の「送信」をクリック

④送信されたサイトマップに「成功しました」と出たらOKです。

これでサイトマップを自動送信する設定は終わりです。

サーチコンソールでサイトマップが取得できない場合の解決法

手順に従ってサイトマップを
サーチコンソールで取得しようとしたけど
出来なかった場合の対処法も
こちらの記事で記載しています。

サイトマップが取得できませんの解決方法
サイトマップが取得できませんでしたの解決方法をまとめました。グーグルサーチコンソールで取得できない場合「index.php?xml_sitemap=params=」が出た場合やWordpressプラグインに問題がある場合があります。その解決策を分かりやすく解説します。

まとめ

これでサイトマップの作成と自動送信は完璧です。

1度設定してしまえば
自動的に送信してくれるので
ブログのアクセスアップのために
しっかりとやってしまいましょう。

WordPressの無料プラグインの「XML Sitemaps」
Googleのブログ解析無料ツールの「サーチコンソール」

この2つを使いサイトマップを作成し
自動送信する設定方法を紹介しました。

おススメ記事

サーチコンソールにはブログPVアップするための機能が備わっています。

特に最短で効果があるのがこの機能です。

始めたばかりでブログにアクセスが来ない場合、
過去に書いた記事を更新した場合にやってみてください。

こちらである2つの無料ツールを使い
既にアクセスが集まっているキーワードを
自動で見つける方法
を紹介しています。

この方法を使えば穴場キーワードがザクザク見つかります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました