レンタルサーバー【個人】比較一覧【表アリ】

ブログ

今回は個人利用する際におすすめのレンタルサーバーの比較表をまとめました。

サーバーを一から自分で作成しサイト・ブログ運用するとなると膨大なコストがかかります。

レンタルサーバー保管庫の例↓

さくらレンタルサーバー引用

サーバーはよく土地に例えられますが、↑の画像を見ても分かると通り、自分で購入して運用しようとすると場所、建設費、管理費、メンテナンス費などを合わせると数百万円の費用がかかるため、個人がサイトやブログを運営する上ではレンタルサーバーという家賃を払って借りれるものが安価で有効です。

レンタルサーバであれば1カ月約100円~1000円前後で借りることが出来ます。

またドメイン設定やWordpressなどのインストールもレンタルサーバー内で完結できるところが多くなってきているため、初心者でもブログ運用が楽になってきています。

まずはレンタルサーバー初心者のために分かりやすくレンタルサーバーで出来る事を見ていきましょう。

レンタルサーバーで出来る事

レンタルサーバーをレンタルして出来る事は主にこのようになっています。

  • WordPressやサイトを独自ドメインで開始できる
  • WordPressのブログテンプレートを自由にアップロードし、好きなものに変更できる
  • 動画・音声・画像・PDF・テキストなどをアップロードし共有できる
  • ドメインを複数取得すれば複数のブログ・サイトを運用できる
  • 1つの独自ドメインを取得することでサブドメインで複数の関連しないサイトやブログを立ち上げられる
  • 1つの独自ドメインを取得することでサブディレクトリで複数の関連した別々のサイトやブログを立ち上げられる
  • 独自ドメインで複数のメールアドレスを作り、メールの送受信が出来る

ドメインなど料金によって様々な制限がある場合もありますが基本的にどのレンタルサーバーもこれらが出来るようになっています。

レンタルサーバーを選ぶ際に注意すべきポイント

レンタルサーバーを選ぶ際の注意すべきポイントですが以下になります。

  • 利用実績の多さ
  • サポートの充実性
  • 表示速度・処理速度の速さ
  • バックアップ
  • WordPressを簡単にインストールできるか
  • どういったジャンルでブログを書くか

注意というか当たり前な事ですが、あくまで、あなたがレンタルサーバーを借りて何をしたいのか?

これが一番重要な点です。

仮にとにかく安価なレンタルサーバーが一番重要視するのであれば、↑の項目は二の次にすべきだと思います。

ただ標準的に長期的視野でレンタルサーバーでブログの運用をしたい場合には注意した方がいい点ですので、これから紹介するサーバーに照らし合わせて契約の指標にしてみるといいと思います。

レンタルサーバー選びに迷った場合

レンタルサーバー選びに迷ったら、エックスサーバーかConoHa WINGがいいと思います。(アダルト系の場合は特殊ジャンル可の項目で紹介)

更に言うとこのブログでは利益に最短化・最大化のためにブログ運営の他にメルマガ配信を僕はお勧めしています。

エックスサーバーを契約するとCyfons(サイフォンス)という買い切り型のサロンサイト運営と自動メルマガ配信が出来るシステムと相性が抜群なので月額料無しでメルマガ配信をしたい場合はエックスサーバーがおススメです。

ConoHa WINGの場合、Cyfons(サイフォンス)でのメルマガ配信が出来ないので、別途でメルマガ配信スタンドと契約が必要です。

僕がConoHa WINGでサイフォンスをテスト的に使用してみたところダメでした。

更にサイフォンスの運営者さんに聞いたら、ConoHa WINGではメルマガ配信が出来ないとのことでした。

通常のメルマガ配信スタンドはレンタルサーバと同じように月額料がかかり、プランによってですが1000円~1万円前後の月額料がかかります。

サイフォンスであれば30000円を1度支払うだけで、複数・別々の自動メルマガ配信・サロンサイト運営が可能です。

なので、迷ったらエックスサーバーとサイフォンスの組み合わせが安定したブログ運用とメルマガ運用を安価にできる方法と言えます。

サイフォンスの詳しい詳細ページはこちら

今回は他にも安価なレンタルサーバーや特殊ジャンル可のレンタルサーバーも紹介しますが安価なサーバーでも標準的なプランにすると月額料がだいたい同じくらいになるものが多いです。

もっとレンタルサーバーを選ぶ際の指標が欲しい場合は、こちらの記事を参考にしてみてください。

レンタルサーバーの選び方【初心者でも分かるまとめガイド】

サーバーの仕組みや構造、表示速度や処理速度の速さ、レンタルサーバーでよく目にするワードの意味を解説まとめ、僕のサーバープランを参考にWordpressが快適に動く指標などを解説しています。

それも踏まえながらこれから紹介するレンタルサーバー比較表を見ていきましょう。

標準的でおススメのレンタルサーバー

エックスサーバー

運営会社エックスサーバー株式会社
設立年2004年1月23日
会員数運用サイト数220万件(2022)
導入企業数15万社
契約期間10日間、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月、36ヶ月から選ぶ
契約期間が長いと料金が安くなる
ブログ・サイト作成数1度契約しサーバーアカウントを持てば
独自ドメイン数 無制限
ブログ・サイト数 無制限
無料お試し期間全プラン10日間無料
プランスタンダード
プレミアム
ビジネス

(個人はスタンダードで十分)
(定期的にキャンペーン割引あり)
表示速度・処理速度の速さCPU・・・第3世代「AMD EPYC™」(コードネーム「Milan」)(従来のCPUと比較すると約1.5倍の処理性能がある)

ストレージ・・・オールNVMe SSD(オールSSDやピュアSSDと比較すると読み込み速度が最大約14倍ある)

Webサーバー・・・nginx(Apacheと比べ、大量のアクセスリクエストを同時並行で処理が可能なのでアクセスが集中した場合でも高速で安定したWebサイト運営が可能)


【各説明】
CPUとは?・・コンピューターの頭で演算や情報転送などを行う

ストレージとは?・・ストレージはデータの保存、処理が行われる装置

Webサーバーとは?・・観覧したい人のクリックやタップによってWeb上のデータを送り返すサーバーでサイトやブログを表示させるもので表示させるために必要なファイルが保管される場所

スタンダードvCPU/メモリ リソース保証 6コア/8GB
ディスクスペース(NVMe SSD) 300GB

【各説明】
vCPU/メモリ リソース保証・・アカウントに対して最低保証されるCPU・メモリ量
ディスクスペース(NVMe SSD)・・Web + Mail に利用できるディスク容量
プレミアムvCPU/メモリ リソース保証 8コア/12GB
ディスクスペース(NVMe SSD) 400GB
ビジネスvCPU/メモリ リソース保証 12コア/16GB
ディスクスペース(NVMe SSD) 500GB
初期費用12か月以上の契約以外は全プラン3300円かかる
スタンダード3か月契約の月額料 1320円×3
6か月契約の月額料 1210円×6
12か月契約の月額料 1100円×12
24カ月契約の月額料 1045円×24
36か月契約の月額料 990円×36
プレミアム3か月契約の月額料2640円×3
6か月契約の月額料2420円×6
12か月契約の月額料2200円×12
24カ月契約の月額料2090円×24
36か月契約の月額料1980円×36
ビジネス3か月契約の月額料5280円×3
6か月契約の月額料4840円×6
12か月契約の月額料4400円×12
24カ月契約の月額料4180円×24
36か月契約の月額料3960円×36
プランの違いSDD、メモリ、vCPUの大きさの違いがある
サポート体制メール問い合わせ
電話問い合わせ
使い方マニュアル
設定代行サービス(オプションサービス)
セコムトラストシステムズ社のセキュリティ診断サービス(客観的なセキュリティチェックを定期的に実施)
バックアップ自動バックアップで過去14日分のデータ保存
主なメリット・機能契約後でもプラン変更可能
契約時に永久無料の独自ドメインが1つ貰える(契約期間内)
1年無料の独自ドメインを1つ貰える(1年以降は有料)
独自のメールアドレスを無制限で利用でき、メールボックスも利用可能
メールフォームの設置がワンクリックで可能
サブドメイン、ディレクトリを無制限で利用可能
第三者による不正を防げる、独自SSLを無料・無制限で利用
WordPress開始の主なメリット・機能WordPress、EC-CUBE4 (ショッピングカート)、PukiWiki (CMS)を手間なく簡単にインストール
他者サーバーで運用しているWordpressを自動的にエックスサーバーへ移行可能
PDF、動画、音声、画像をサーバーへアップロード、ダウンロード可能
アクセス解析を数値やグラフで確認可能
デメリット12か月契約以下のプランの初期費用がかかる(ただ定期的に無料キャンペーン開催アリ)
出会い系やアダルト系コンテンツの掲載がNG
支払い方法銀行振込
クレジットカード
コンビニ決済
ペイジー
翌月後払い(コンビニ/銀行)
自動更新
支払い手数料銀行振込の振込手数料、翌月後払い(コンビニ/銀行)の支払手数料は利用者負担

エックスサーバーがおススメの人

  • サーバー知識がなく初めてサーバーを利用しようとする人
  • WordPressブログを簡単に始めたい人
  • WordPressブログを複数運営したい人
  • 自動メルマガ配信を月額制ではなく固定費をかけずに運営したい人

(サイフォンスという買い切り型メルマガ配信スタンドと相性がバツグンなので通常月額数千円~1万円ほどかかるメルマガ配信の固定費が初めの購入費用のみで複数の一斉自動メルマガ配信、複数のサロンサイト運営が可能)

公式サイトはこちら

ConoHa WING(コノハウィング)

運営会社GMOインターネット株式会社
設立年2013年7月
会員数登録者数45万以上
契約期間1時間単位~3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月、36ヶ月から選ぶ
(契約期間が長いと料金が安くなる)
ブログ・サイト作成数1度契約しサーバーアカウントを持てば
独自ドメイン数 無制限
ブログ・サイト数 無制限
料金タイプ通常 (初期投資不要、期間制限なしで利用可能で1ヶ月未満の場合は、1時間単位で精算)
WINGパック(3ヶ月単位で契約して契約期間の料金をまとめて先払い)
プラン通常、WINGパックともに
ベーシック
スタンダード
プレミアム
(定期的にキャンペーン割引あり)
リザーブドプラン共用サーバーの他者の利用状況に影響されない安定したメモリ・vCPUが割り当てられた特殊プラン

こちらも料金タイプが通常、WINGパックある

プランは
リザーブド 1GB
リザーブド 2GB
リザーブド 4GB
表示速度・処理速度の速さCPU・・・記載なし

ストレージ・・・オールSSD(サーバーのUSBメモリのようなもの。データの読み書きが行われる装置。処理速度はHDDよりも速い)

Webサーバー・・・Apache + nginx
(両方を使うことでアクセス状態に合わせて使い分けている。nginxは大量のアクセスリクエストを同時並行で処理が可能なのでアクセスが集中した場合でも高速で安定したWebサイト運営が可能)

コノハ独自の高速化対策アリ「LiteSpeed LSAPI」を採用し、従来のFastCGIより20%も速くPHPアプリケーション実行可能

ConoHa WING独自に調整した強力なコンテンツキャッシュ機能やブラウザキャッシュ機能で、従来のサービスよりサイト表示・動作を高速化

「ピュアSSD RAID10構成」し最新の高性能サーバーでストレージは高速・安全にデータの書き込みを可能に
ベーシックvCPU 6コア
メモリ 8GB
ディスク(SSD) 300GB

【各説明】
vCPU・・アカウントに対して最低保証されるCPU
メモリ・・アカウントに対して最低保証されるメモリ量
ディスク(SSD)・・Web + Mail に利用できるディスク容量
スタンダードvCPU 8コア
メモリ 12GB
ディスク(SSD) 400GB
プレミアムvCPU 10コア
メモリ 16GB
ディスク(SSD) 500GB
通常とWINGパックの違いWINGパックの方が1ヶ月以上の料金が安くなる
通常の場合ドメイン代が別途かかるが、WINGパックはドメインが永久無料で2つ貰える
WINGパックはWordpressかんたんセットアップ、Wordpress人気テーマが割引があるので初心者でもWordpress開設が楽々だが通常にはついていないため手動
プランの違いSDD、メモリ、vCPUの大きさの違いがある
ベーシック通常
1ヶ月1320円 1時間2.2円

(例 5時間でやめたら5時間×2.2円で支払い金額は11円)

WINGパック

3か月契約の月額料 1210円×3
6か月契約の月額料 1100円×6
12か月契約の月額料 911円×12
24カ月契約の月額料 861円×24
36か月契約の月額料 660円×36
スタンダード通常

1ヶ月2640円 1時間4.4円

WINGパック

3か月契約の月額料 2530円×3
6か月契約の月額料 2365円×6
12か月契約の月額料 2145円×12
24カ月契約の月額料 2035円×24
36か月契約の月額料 1925円×36
プレミアム通常

1ヶ月5280円 1時間8.8円

WINGパック

3か月契約の月額料 5056円×3
6か月契約の月額料 4730円×6
12か月契約の月額料 4290円×12
24カ月契約の月額料 4070円×24
36か月契約の月額料 3850円×36
サポートメール問い合わせ
電話問い合わせ
使い方マニュアル
設定代行サービス(オプションサービス)
セコムトラストシステムズ社のセキュリティ診断サービス(客観的なセキュリティチェックを定期的に実施)
バックアップ自動バックアップでWebサイト、メール、データベースを1日1回バックアップし過去14日分を復旧用データとして利用可能
主なメリット機能契約後でもプラン変更可能
契約時にWINGパックなら永久無料の独自ドメインが2つ貰える(契約期間内)
独自のメールアドレスを無制限で利用でき、メールボックスも利用可能
サブドメイン、ディレクトリを無制限で利用可能
ConoHa公式スマホアプリConoHa Mobileと連携し、ConoHaチャージの残高管理やアクセス状況の確認
第三者による不正を防げる、独自SSLを無料・無制限で利用
WordPress開始の主なメリット・機能WordPressの運用に必要なレンタルサーバー、独自ドメイン、WordPress、WordPressテーマ、SSLをまとめて一括で取得・設定
ConoHa WINGで公開されているWordPressサイトを別のドメインにワンクリックでコピー
他社サーバーで使っているWordPressを手間無くConoHa WINGへ移行
PDF、動画、音声、画像をサーバーへアップロード、ダウンロード可能
アクセス解析を数値やグラフで確認可能
デメリット無料お試しがない(ただ1時間単位の料金でいつでも解約できる)
出会い系やアダルト系コンテンツの掲載がNG
サイフォンスをサーバーへアップロードしてのメルマガ配信が出来ない
支払い方法クレジットカード

ConoHaチャージ(クレジット、AmazonPay、銀行(ペイジー)、コンビニ、PayPal、Alipay払い)

ConoHaカード

自動更新
支払い手数料ConoHaチャージで銀行決済かコンビニ払いのみ150円かかる

ConoHa WINGがおススメの人

  • サーバー知識がない人
  • 初めてレンタルサーバーを利用する人
  • 初心者でも15分ほどで素早くWordpressを始めたい人(レンタルサーバー内の設定のみでWordpressがテンプレート挿入済みで立ち上がる)
  • WordPressブログを複数運営したい人
  • ドメインにお金をかけたくない人(WINGパックなら2つ永久無料で貰える)

公式サイトはこちら

登録方法等をまとめた記事はこちら↓

conoha wing ブログ始め方・WordPress設定手順を徹底解説

安価なレンタルサーバー

ロリポップ

運営会社GMOペパボ株式会社
設立年2001年11月
会員数170万人以上
契約期間1カ月、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月、36ヶ月から選ぶ
契約期間が長いと料金が安くなる
ブログ・サイト作成数プランによりドメインや容量の制限アリ
無料お試し期間全プラン10日間
初期費用1650円
(ハイスピード・エンタープライスは0円)
プランエコノミー
ライト
スタンダード
ハイスピード
エンタープライズ
(定期的にキャンペーン割引あり)
オプションプランクイック認証(ネットショップや会員登録機能)SSL  1ヶ月2200円
PC用ウィルス対策ソフト 1か月550円
7世代バックアップ(誤操作やトラブルでデータを破損した場合に簡単復旧) 1カ月330円
ロリポップスタジオ(テンプレを選ぶだけでホームページ作成可能) 1カ月1078円
表示速度・処理速度の速さCPU・・・記載なし

ストレージ・・・オールSSD(サーバーのUSBメモリのようなもの。データの読み書きが行われる装置。処理速度はHDDよりも速い)

Webサーバー・・・Apache 2.4.x(集中アクセスに弱い)(エコノミー・ライト・スタンダードプランの場合)
 LiteSpeed 5.4(高速化だけでなく、高負荷時の安定性がある)(ハイスピードプラン・エンタープライズプランのみ)
エコノミー1か月契約の月額料 132円
3か月契約の月額料 132円×3
6か月契約の月額料 132円×6
12か月契約の月額料 132円×12
24カ月契約の月額料 132円×24
36か月契約の月額料 99円×36
ライト1か月契約の月額料 400円
3か月契約の月額料 418円×3
6か月契約の月額料 385円×6
12か月契約の月額料 330円×12
24カ月契約の月額料 275円×24
36か月契約の月額料 220円×36
スタンダード1か月契約の月額料 880円
3か月契約の月額料 770円×3
6か月契約の月額料 715円×6
12か月契約の月額料 660円×12
24カ月契約の月額料 550円×24
36か月契約の月額料 440円×36
ハイスピード1か月契約の月額料 1320円
3か月契約の月額料 1210円×3
6か月契約の月額料 990円×6
12か月契約の月額料 825円×12
24カ月契約の月額料 770円×24
36か月契約の月額料 550円×36
エンタープライズ1か月契約の月額料 2530円
3か月契約の月額料 2530円×3
6か月契約の月額料 2200円×6
12か月契約の月額料 2200円×12
24カ月契約の月額料 2200円×24
36か月契約の月額料 2200円×36
サポートメール問い合わせ
電話問い合わせ(ハイスピード・エンタープライスプランのみ)
使い方マニュアル
設定代行サービス(オプションサービス)
バックアップ7世代バックアップ(誤操作やトラブルでデータを破損した場合に簡単復旧) 月額330円

自動バックアップ(ハイスピード・エンタープライスプランのみ)
主なメリット機能他のサーバに比べ月額費用が安いプランが複数ある
10日間の無料お試しがある
アクセス解析あり
第三者による不正を防げる、独自SSLを無料・無制限で利用
デメリットエコノミープランはWordpressの開設が出来ない
低額プランになればなるほど、制限が多い
エコノミー~スタンダードプランはGoogle上位表示の評価になっているサイトの表示速度が遅い
設定の手動操作が多い
エコノミー~スタンダードプランはドメインを別途購入する必要がある
サイト表示スピードが速いプランは長期契約でないと大して安くはない
自動バックアップはエコノミー~スタンダードプランについていない
出会い系やアダルト系コンテンツの掲載がNG
支払い方法クレジットカード
コンビニ決済
おさいぽ!決済(クレジットカード決済、銀行振込、ゆうちょ振替、PayPal決済、コンビニ決済、WebMoney決済、auかんたん決済、ドコモ払い)
銀行振込
ゆうちょ振替
自動更新
支払い手数料コンビニ払いは165円かかる
銀行振込、ゆうちょ振替もお客負担

ロリポップがおススメの人

  • サイト表示速度が遅くても月額料を抑えたい人
  • プランによっての機能のあり無しが複雑なため、サーバーに関する知識が豊富な人

公式サイトはこちら

さくらのレンタルサーバー

運営会社さくらインターネット株式会社
設立年1999年8月17日
会員数記載なし
契約期間1カ月、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月、36ヶ月から選ぶ
契約期間が長いと料金が安くなる
ブログ・サイト作成数プランによりドメインや容量の制限アリ
無料お試し期間全プラン2週間(マネージドサーバプランは対象外)(「転送量」が制限される)
初期費用最上位プランのマネージドサーバプランのみかかる
プランライト
スタンダード
プレミアム
ビジネス
ビジネスプロ
マネージドサーバ
(定期的にキャンペーン割引あり)
表示速度・処理速度の速さCPU・・・Intel Xeon Processor (Cascadelake)

ストレージ・・・オールSSD(サーバーのUSBメモリのようなもの。データの読み書きが行われる装置。処理速度はHDDよりも速い)

Webサーバー・・・nginx + Apache2.4系
ライト12か月契約の月額料 131円×12
24カ月契約の月額料 129円×24
36か月契約の月額料 128円×36

容量100GB
スタンダード毎月払い 524円
12か月契約の月額料 437円×12
24カ月契約の月額料 430円×24
36か月契約の月額料 425円×36

容量300GB
プレミアム
毎月払い 1571円
12か月契約の月額料 1310円×12
24カ月契約の月額料 1000円×24
36か月契約の月額料 900円×36

容量400GB
ビジネス毎月払い 2619円
12か月契約の月額料 2183円×12
24カ月契約の月額料 2148円×24
36か月契約の月額料 2122円×36

容量600GB
ビジネスプロ
毎月払い 4714円
12か月契約の月額料 3929円×12
24カ月契約の月額料 3866円×24
36か月契約の月額料 3819円×36

容量900GB
マネージドサーバHDD毎月払い 13200円
12か月契約の月額料 12100円×12
24カ月契約の月額料 12012円×24
36か月契約の月額料 11880円×36

初期費用 49500円

HDD容量700GB
マネージドサーバSSD毎月払い 19800円
12か月契約の月額料 18150円×12
24カ月契約の月額料 18018円×24
36か月契約の月額料 17820円×36

初期費用 60500円

SSD容量360GB
サポート体制メール問い合わせ
電話問い合わせ
使い方マニュアル
バックアップWordPressを利用している場合、サイト情報、データベースをまとめてスナップショットという単位で保存(バックアップ)可能なので面倒な復旧作業なしに、スナップショットを使って後戻りが可能(ライトプランは対象外)
主なメリット機能他のサーバに比べ月額費用が安いプランが複数ある
2週間無料お試しがある
全プランで電話サポートがある
第三者による不正を防げる、独自SSLを無料・無制限で利用
デメリットプラン変更が出来ない
ライトプランはWordpressの開設が出来ない
低額プランになればなるほど、制限が多い
Google上位表示の評価になっているサイトの表示速度が遅く不安定
ドメインを別途購入する必要がある
サイト表示スピードが速いプランは長期契約でないと大して安くはない
自動バックアップはライトプランについていない
出会い系やアダルト系コンテンツの掲載がNG
支払い方法クレジットカード
銀行振込
請求書払い(コンビニエンスストア、ゆうちょ銀行・郵便局、スマートフォンからのバーコード決済)
自動口座振替
支払い手数料請求書払いは330円かかる
銀行振込の手数料はお客負担

さくらレンタルサーバーがおススメの人

  • サイト表示速度が遅くても月額料を抑えたい人
  • 2週間無料で試したい人
  • プランによっての機能のあり無しが複雑なため、サーバーに関する知識が豊富な人

公式サイトはこちら

特殊ジャンル可のレンタルサーバー

特殊ジャンルとは出会い系やアダルト系のサイト運用がOKなレンタルサーバです。

カラフルボックス

工事中

公式サイトはこちら

特殊ジャンル可で安価なレンタルサーバー

minipop

運営会社株式会社トーマスオブアメリカ
設立年2001年3月11日
会員数記載なし
契約期間12ヶ月
ブログ・サイト作成数ドメインや容量の制限アリ
無料お試し期間10日間無料トライアル
初期費用全プラン初回のみ3500円がキャンペーンで1500円(税別)
プランミニプラン
ビックプラン
(定期的にキャンペーン割引あり)
表示速度・処理速度の速さCPU・・・記載なし

ストレージ・・・オールSSD(データの読み書きが行われる装置。処理速度はHDDよりも速い)

Webサーバー・・・記載なし
ミニプラン12か月契約の月額料 250円(税別)×12

容量25GBがキャンペーンで50GBにアップ中
ビックプラン12か月契約の月額料 500円(税別)×12

容量50GBがキャンペーンで100GBにアップ中
サポート体制メール問い合わせ
使い方マニュアル
バックアップ毎日自動バックアップ
主なメリット機能他のサーバに比べ月額費用が安い
10日間無料お試しがある
WordPress等の自動インストールがある
第三者による不正を防げる、独自SSLを無料・無制限で利用
出会い系やアダルト系コンテンツの掲載が出来る
デメリット初期費用が高め
サーバー性能等が不明
契約プランが最低1年以上(ただし無料期間が10日間ある)
プランが少ないので月間100万PV以上あるサイト運用は難しい
支払い方法クレジットカード
銀行振込
支払い手数料銀行振込の手数料はお客負担

minipopがおススメの人

  • とにかく月額料を抑えたい人
  • 10日間無料で試したい人
  • アダルト系のサイト運営を考えている人

公式サイトはこちら

レンタルサーバーの選び方完全ガイドまとめ

↓の記事にレンタルサーバーのスペック等を選ぶ上で基準となる知識や事例を参考にまとめましたので迷っている場合は参考にしてみてください。

【経費ゼロで最短2週間で収益化のブログ入門】記事作成のメンタルが持たない場合

ブログ等で記事を書くことで収益化はできますが、

  • 「記事を書ききるまでメンタルが持たないという場合」
  • 「初心者でゼロからの記事作成が難しい」

もあるでしょう。

そういった場合は入門としてこちらの記事で紹介している教材がおススメです。

無料ブログで【月5万収益化】おすすめの秘策とは?

有料ブログにも利用可能ですが無料ブログから始められるので経費が一切かかりません。

ノウハウでは「ライバル不在で売れる商材リスト」が手に入り、更に「収益化が出来ている記事を丸々10個」ほどもらえます。

そのためブログをやる上で、まずあなたがやることはライバルが少なく売れ行きが良い商材リストの中から商材を決め、貰った記事の修正です。

まずは出来るところから始めた方が収益化までの道のりは断然早いので参考にしてみて下さい。

早い人は最短2週間で収益化が出来ています。

【収益化】記事作成テンプレート

こちらの記事でブログでの収益化するための商品レビューの書き方・ランキング記事の書き方を具体的にまとめています。

ブログでの収益化用の記事が書きたい際に読んでみてください。

レビュー記事テンプレート構成・書き方【完全ガイドマニュアル】

ランキング記事の書き方・テンプレート【完全版】

【ブログ収益アップ】比較・ランキングサイトの購買心理術とは?

↓の書籍も収益化するための記事作成におススメです。

どのような文章を書くことで購買意欲を持ち、掻き立てられるのか?

そのメカニズムを解明し、意図的に作り出す方法を全て解説してくれています。

現代広告の心理術101の評判・レビュー

ブログ集客用記事のテンプレート

ブログへの集客を加速するための記事作成テンプレートや書き方をこちらの記事でまとめています。

初心者の方や中級者の方におすすめです。

リライト記事の書き方【ブログ初心者必須の3ステップ】

ブログで最初の記事が書けない対処法4ステップとは?

【ブログ記事作成方法】ウサギのウン〇がヒントです

【ブログ記事ネタ集め方法】滞在時間を伸ばす2つの方法

ゼロから始める資産化ブログ構築方法

↓でブログを資産化するための構築法をゼロから具体的に解説していますので参考にしてみてください。

ブログの始め方・実践≪完全ガイド≫

記事修正で時短集客!アクセスを増加させる方法

今まで書いた記事にアクセスが集まらないという場合はタイトル等のキーワードを変えるだけで2倍3倍・・・10倍とアクセスが上がる可能性があります。

0から記事作成をするよりも時間的コストの削減になるので、以下の項目を確認してみてください。

ブログリライトSEOのやり方【必須の10項】

コメント

タイトルとURLをコピーしました