レビュー記事テンプレート構成・書き方【完全ガイドマニュアル】

アフィリエイト

レビュー記事のテンプレート構成を知ることはブログで稼ぐ上で重要なことです。

何故なら

  • レビュー記事は商品の紹介をするので
    売り込みが減る

  • アフィリエイト商品を売ることが出来る
  • 検索エンジンから購買意欲が高い人を集められる
  • レビュー記事作成後の紹介が自動になる

からです。

レビュー記事は正しい書き方を覚えれば
1つの商品を魅力的に紹介できるため
購入率を上げることが出来ます。

今回はレビュー記事の書き方を
徹底的に解説しました。

記事内で解説した
1つ1つのパーツを
埋めていくことで
売れやすいレビュー記事を
誰でも書くことが出来ます。

作成時は誤りが無いよう
このページを開きながら作成すると効率的です。

それでは早速レビュー記事の作成方法を
解説していきます。

レビュー記事の本質

レビュー記事はよくセールスレターと
同じ書き方する人がいますが実は違います。

どこが違うのかと言うと
「立場」に違いがあります。

もちろんレビュー記事でも
セールスレターの書き方で
使える要素はあるのですが

この立場の違いがあることを忘れないでください。

  • セールスレターは自分の商品を売る方法
  • レビュー記事は他人の商品を紹介する方法

この違いがあります。

大事な事なのでもう少し掘り下げて解説していきます。

また、このことが分かるとレビュー記事の作成が楽になります。

例えばあなたが英語教材を紹介したいとしましょう。

その場合のセールスレター、
レビュー記事の立場の違いは
ターゲットです。

セールスレターの場合は
商品そのものは基本的に
自分で作成するので

その場合ターゲットとなる人は

「英語を学びたい人全般」

になるわけです。
(もっと絞る場合もあります)

商品自体に知名度が無ければ
当然こうなりますよね。

ですがレビュー記事の場合、
既に誰かが作成して
存在している商品を紹介するので

「既にその英語教材(他人の作成したもの)単体に興味を持っている人」

になるわけです。

だからレビュー記事を作成する場合

「販売する書き方」ではなく
「紹介する書き方」をする必要があるんですね。

もちろんレビュー記事で紹介する商品を知らないけど
英語を学びたい人もレビュー記事に誘導はします。

なので商品が分からない人にも
理解できる内容にもします。

ただレビュー記事単体で
「英語を学びたい人」を集めるわけではありません。


その他の記事やSNSなどで
「英語を学びたい人」を集めて
レビュー記事に誘導する

これが自然です。

結論として

レビュー記事単体は
その商品に興味がある人に向けて記事を書く

ただその他の記事やSNSからも
レビュー記事へ誘導はするため
商品を知らないが

ジャンル内にいる全般の人にも分かるように書く

この基本を忘れないでください。

レビュー記事の構成テンプレート【鉄板】

レビュー記事には
鉄板の構成テンプレートがあります。

このテンプレートに沿って書くことで
自己流で適当に書くよりも

  • 訪問者にとって分かりやすく
  • 購入しやすい記事

を作成することが出来ます。

テンプレートはこちらです。

  1. キャッチコピー
  2. 商品の実績
  3. レビュー本文
  4. 特典
  5. 販売ページのリンク
  6. 請求方法

1つ1つ解説していきます。

レビュー記事構成テンプレート1.キャッチコピー

レビュー記事構成テンプレートを作成し
公開すると読者が、まず目にするのが
キャッチコピーになります。

キャッチコピーの役割は

商品に興味をもってもらい
その先を読み進めてもらうこと

です。

人は興味のない文章を読みません。

強い興味を持たせることで
最終的に商品を購入を納得してもらう

順番が逆ではダメです。

特にネットの場合、3秒ほどで
その記事を読むかどうか判断すると言われています。

内容が素晴らしいレビュー記事を作成しても
入り口で興味性を感じてもらわなくては
意味がありません。

だからこそキャッチコピーは
魅力的なものを書く必要があります。

キャッチコピーで強力な興味を出すには?

キャッチを強力にするには
人間の欲求を刺激してあげることが重要です。

そこで使えるのが

生命の8つの躍動というものです。

これは誰にでも共通する強力な欲求を
8つに分けたのです。

  1. 人生を楽しみ長生きしたい
  2. 食を味わいたい
  3. 恐怖、痛み、危険を避けたい
  4. 性的に交わりたい
  5. 快適に暮らしたい
  6. 他人に勝りたい
  7. 愛する人を守りたい
  8. 社会的に認められたい

この要素をキャッチコピーに入れることで
強い興味が生まれます。

ただ8つ全てを使うというわけではありません。

商品にによって使えそうな要素を使ってください。

実例として売れなかった書籍タイトルを
生命の8つの躍動

4.「性的に交わりたい」

をタイトルに使うことで
年間の冊数を
10倍に拡大しています。

【改善前

「ふさふさの金髪」→5000冊

【改善後】


「ブロンドの恋人を探して」→5万冊

他にも1~8を使った実例はありますが
それはこの書籍で詳しく解説されています。

現代広告の心理術101の評判・レビュー

ライティングの販売テクニック
この書籍で詳しく解説されています。


また生命の8つの躍動の追加として
人間の9つの欲求というものも
紹介されていますので
読んでみてください。

レビュー記事構成テンプレート2.商品の実績

レビュー記事構成テンプレートの次の要素は商品の実績結果です。

いくつか掲載しましょう。

これは

  • 販売サイト内に掲載された凄い実績データ
  • もしくはあなたが商品を使って出した実績

このどちらかをスクリーンショットなどで
画像にして掲載するといいと思います。

これもキャッチコピーと
同じように強い興味性を出すために掲載します。

具体的に言うと

  • 興味を更に盛り上げるため
  • 実績データという信用性を出すため

この2つを得るために掲載します。

レビュー記事構成テンプレート3.レビュー本文

レビュー記事構成テンプレートの
レビュー本文に入れるべき要素を分解して
解説していきます。

この要素は商品によっては
難しいものもあると思いますので
全て入れなければいけないわけではありません。

出来るだけ多く入れることで
レビューを観覧した人が
購入する確率を高めることが出来ます。

取り入れてみてください。

レビュー記事の本文は以下の項目を埋めていきましょう。

  1. レビュー商品のコンセプト
  2. レビュー商品ジャンルの概要と魅力
  3. レビュー商品販売者の信頼性
  4. レビュー商品によって得られるメリット
  5. レビュー商品を購入しない損失
  6. レビュー商品のデメリット
  7. レビュー商品の対象者
  8. レビュー商品を今購入するべき理由
  9. レビュー商品の購入者の声
  10. レビュー商品のあなたの感想

1つ1つ説明していきます。

1.レビュー商品のコンセプト

レビューで紹介する商品のコンセプトとは

  • 商品がどんなものか?
  • どんな特徴があるのか?
  • どんなことを実現することが出来るのか?

この辺りを分かりやすく書くことです。

商品の細かな機能性を
長々と説明するわけではありません。

購入を迷っている人に
商品を手に入れた先の未来を魅せるような
商品のコンセプトを脳内にインストールしてあげましょう。

2.レビュー商品ジャンルの概要と魅力

これはレビューする商品のジャンルの概要と魅力を紹介するというものです。

例えばあなたが「オンライン英会話」を販売したいします。

ですが英語に興味がある人には複数の選択肢があるんですね。

地元の英会話だったり、

書店に並ぶ参考書だったり

その中で何故オンライン英会話いいのか?

これを概要も含め魅力的に解説することが重要です。

例えばオンライン英会話は

  • 自分の都合で好きな時間に学べる
  • 値段が格安
  • 講師を何度でも変えられる

このような要素を出していきます。

レビューしたい商品(オンライン英会話)自体の紹介はその後です。

そもそも

「オンライン英会話というジャンル」
自体が何故いいのかが分からなければ

「あなたが紹介したいと思っているオンライン英会話」

は売れません。

必ずジャンル自体の概要と魅力を解説してください。

ただいくつもオンライン英会話
関連のレビュー記事を書く場合
毎度レビュー記事にジャンルの概要と魅力を書くのは面倒です。

その場合は別途
ジャンルの概要と魅力を解説した
記事を作成してもいいです。

ジャンル概要と魅力を解説した記事のリンクを
レビュー記事に入れておきましょう。

3.レビュー商品販売者の信頼性

紹介する商品の販売者や企業は
信用できるということを記載します。

販売者や企業の

  • 簡単な経歴やプロフィール
  • 実績

この2点を載せましょう。

情報は販売ページに書かれています。

販売者や企業の実績が大きいほど
そのレビューする商品への関心が高まります。

ただ誘導する販売ページにも
記載されているでしょうから
丸写しではなく、

凄そうな部分を抜き出してまとめる

ようにしましょう。

また販売ページに記載されていない
実績や凄さを知っている場合は
他のレビュー記事と差別化できるので記入しましょう。

例えば商品を購入して感じたことなどですね。

4.レビュー商品によって得られるメリット

得られるメリットは非常に重要です。

何故ならレビュー記事を読みたい人にとってもっとも興味がある部分だからです。

魅力のあるメリットを書くことが
出来れば売れ行きも良くなります。

ただ逆にまったく魅力のないメリットを
書いてしまうと「まったく売れない」

レビューになる恐れもあります。

そんな失敗をしないためにも
得られるメリットは
この1人に興味を持つメリットを
書くことがおススメです。

  • レビュー商品に興味がある人

これはこの記事の冒頭でも紹介しましたが
この記事へアクセスするであろう人が
多いからです。

レビュー商品に興味がある人が興味を持つメリットとは?

これはそのレビュー商品が持つ特有のメリットです。

これを書くことで他の商品との差が生まれます。

レビュー商品に興味がある人の多くは
他の商品との比較をしています。

例えばその商品が「オンライン英会話」だったとします。

当然オンライン英会話も
紹介する商品以外にも存在するわけですね。

なら他の商品とは違う良さなんなのか?

この部分が分かることで
あなたが紹介する商品を
購入する理由になるわけです。

「マジか!こんなことになるんだ!」

「すげー」

観覧者がこう思えるようなメリット

あなたがレビューする
「商品」だけが持つ
メリットです。

これを書くことで、その他の商品との比較ができるわけです。

【例 オンライン英会話】

スマホから英会話学習が出来る
1日5分を1か月続けるだけで日常英会話が出来るようになる
1か月学習した人には1週間の海外旅行が無料でついてくる

など具体的に商品を購入することによって
得られる利益をイメージできるように書いてください。

多ければ多いほどいいです。

レビュー記事では
得られるメリットの
数や分量をできるだけ多くしましょう。

5.レビュー商品を購入しない損失

人は損をしたくない生き物です。

そして恐怖や不安は人の行動を促す
最も大きな動機になります。

例えば明日の17時までに指定の口座に
1万円振り込まなければ
2か月間、自宅の電気・水道が
止まるとしたらどうでしょう?

季節は1月
自宅には熱を出して寝込んでいる
大切な人がいます。

どんなことをしても
振り込みますよね?

これは1つの例で文章にしましたが
レビュー記事に記載する際は
いくつか書き出してみてください。

例オンライン英会話

  • ライバルに大きな差を付けられる
  • 1か月後に結果が出ないので人生が変わらない
  • 就職・再就職する際の武器が無くなる
  • 海外女性との交流が出来なくなる
  • などなど・・・


「レビューする商品を買わなかった時の損失」を
沢山書き出すことで
より強力なレビュー記事になります。

これはメリットと同等重要なものです。

  • 商品をによって得られるメリット
  • メリットと商品を購入しない損失

この2つは出来る限り
レビュー記事に盛り込みましょう。

先ほど紹介したこの本に
具体的により書かれています。

現代広告の心理術101の評判・レビュー

6.レビュー商品のデメリット

レビュー記事は主に
「商品の購入を迷っている人」が
他の商品との比較や購入の参考にする記事です。

なので、良い部分だけでなく、
商品のデメリットを記載することも大事なんですね。

それにメリットのみのレビューだと
売り込み臭くなりますし
販売者の手先と思われる可能性もあります。

そうすることで第3者視点の記事なり
信用性のあるレビュー記事になり
観覧者からの信頼も上がります。

その結果あなたのファンになってくれる可能性もあります。


そうなれば定期的に記事を読んでくれたり
メルマガ読者になってくれる可能性も上がるので
長期的な収益が上がります。

あなたがレビュー商品を使ってみて
ここは良くないなと思うところがあれば
記載しましょう。

ただデメリットの強調させすぎると商品は売れなくなります。

なので、デメリットを書く際は

  • デメリットを上回っているメリット
  • デメリットを緩和する方法

この2つも添えて記載しましょう。

またデメリットを補うような
特典
を作成して付けることも有効です。

特典が作成できれば
あなたから購入する理由にもなります。

7.レビュー商品の対象者

商品の対象者をあえて名指しすることで
対象者の購買意欲を高める効果があります。

【例 オンライン英会話を売りたい場合】

この商品は仕事をしながらスキマ時間に英語を学びたい人向けです。

こんな風に書かれていたら
「仕事をしてるけど
英語を取得したいと悩んでいる人」は
自分のために作られている商品だ
と思い、購入しやすくなります。

対象者は箇条書きで

こんな人におススメ

○○な人

○○な人

みたいな形でいくつか書いていきましょう。

8.レビュー商品を今購入するべき理由

商品が欲しくなったとしても
人は購入という行動を先に延ばしがちです。

なので、
「今購入するべき理由」
というものを提示し
納得してもらう必要があります。

そこで最も簡単な今購入すべき理由として使えるのが

「緊急性」です。

緊急性とはなんなのかというと

  • 明日値上げします。
  • 商品が購入できるのは明日までです。
  • 限定特典は明日までです。

このようなものです。

こういったものを
上手く提示することで
行動を起こす(購入)の動機付けになります。

こういったものでなくとも
「現状の危険性」
訴えることでも
「今購入すべき理由」
導き出す手助けをすることができます。

例えば

売りたい商品以外の
関連の商品の「危険性」を
訴えるなどですね。

どういうことかというと

【例 オンライン英会話を売りたい場合】

英語教材や参考書で勉強した人たちは
知識しか身につかないようです。

実際に勉強した人の90%以上が
実践の場面の英会話が出来ないという
データがあります。

実践で使えない英語学習を続けても
1年後の旅行やビジネスの場面で使えないので
また0からリスニング練習を1年する必要があります。

1年後に外国人との会話をしたい場合は
初めから外国人と話すことが賢い学習法です。

それにはこのオンライン英会話がおススメです。

こんな感じですね。

観覧者が納得すれば
商品は売れます。


9.レビュー商品の購入者の声

販売ページ内やSNSなどで
レビュー商品を購入者した人の声を
掲載するのも効果的です。

生の声はかなり武器になりますね。

掲載することで
自分だけでは思いつかないようなメリットを
解説してくれている場合もあります。

効果的なモノを選び
いくつか掲載しましょう。


10.レビュー商品のあなたの感想

ここはあなたのレビュー商品に対する素直な感想です。

これも効果的です。

例えば
電化製品屋さんで従業員に
商品のスペックや良さを
淡々と伝えられるよりも


知り合いや友達が

「これマジでいいよ」

って言われた方が
興味を持ったりしますよね。

なので

「買ってよかった」

「登録して良かった」

と感じている部分を感情をこめて
素直に書くことによって購入率もアップするでしょう。

レビュー記事構成テンプレート4.特典

レビュー記事構成テンプレートで作成した記事へ特典を入れます。


特典は、あなたのレビュー記事から
購入してくれた人だけに限定的に渡すものです。

これでライバルとの差別化を図ることが出来るので
あなただけの特典をつけると成約率が伸びやすいです。

特典の請求方法も
分からないという人もいるので
画像付きで解説しておきましょう。

レビュー記事構成テンプレート5.販売ページリンク

レビュー記事構成テンプレートで
販売ページへのアフィリエイトリンクは
出来るだけ目立つようにしてください。

目立たせる理由としては
テキストリンクだと気づかれない場合があるからです。

最低でも太文字にしましょう。

一番いいのは
ボタン画像などを使うことが有効です。

WordPressテーマによっては
初めから入っている場合もあります。

  • 公式ページはこちら
  • 購入はこちら

このようなものにしましょう。

レビュー記事構成テンプレート6.請求方法

レビュー記事構成テンプレートでは
購入方法やサービスへの登録方法を記載します。

購入方法やサービスへの登録方法が
分からないということは結構あります。

なので画像等を使って
方法を記載しておくと
観覧者にスムーズに
購入・登録してもらうことが出来ます。

また返金保証などがある場合は
その方法も記載しておきましょう。

レビュー記事構成テンプレートのアイキャッチ画像と記事タイトル

レビュー記事構成テンプレートに沿って
文章を作成したら最後にレビュー記事に設定する
アイキャッチ画像と記事タイトルの作成方法を紹介します。

アイキャッチ画像

アイキャッチ画像は

  • 販売サイトにある商品画像
  • ヘッダー部分をスクショ
  • 関連性のあるフリー画像
  • 自分で作成する


アイキャッチ画像に設定しましょう。

基本的にはその商品だと
分かるものが好ましいと思います。

記事タイトル

レビュー記事のタイトルは


検索エンジンで
その商品を探している人に
見つけてもらいやすいタイトルにする

ことです。

レビュー記事においては
検索エンジン以外(SNS等)からの
アクセスを考慮したタイトルつけは
ほぼ必要ありません。

検索エンジンから
商品レビューの記事を読みたい人は

  • 商品の口コミや評判を知りたい人
  • 購入を迷っている方

こんな人たちです。

なので記事タイトルは

  • 商品名+レビュー、評判、口コミ

このようになります。

レビュー、評判、口コミ」この辺は
実際に検索してみると
似たような類義語もあると思いますので
検索してみてください。

また商品レビューは
他のアフィリエイターも書いている場合があるので
少しだけタイトルの差別化を図るために
他との違いを出すことも大切です。

例えば

商品名で実際に検索して
同じ商品のレビューが
5記事以上ある場合
記事タイトルが

「商品名+レビュー」

だったらどれも同じように感じますよね。

そこで

「商品名+辛口評判レビュー」

「商品名+レビュー購入特典付き」

このようにあくまで

「商品名+レビュー」や
「商品名+評判」は崩さずに
少しだけライバルとの差別化を図ります。

レビュー記事テンプレート【売れる6構成・書き方完全ガイド】まとめ

レビュー記事テンプレート作成方法について解説しました。

おそらくこれだけ入念に
レビュー記事の書き方について
書かれた記事はないかなと思います。

初めてレビュー記事を書く場合は
つまづく部分もあると思います。

その場合は、このページを
表示させながら書き進めてみてください。


今回紹介したパーツをしっかり埋めて
1つのレビュー記事を完成させてみてください。

  1. キャッチコピー
  2. 商品の実績
  3. レビュー本文
  4. 特典
  5. 販売ページリンク
  6. 請求方法

実は今回紹介したレビュー記事の書き方は
全てこちらの書籍で書かれていることを簡素化しています。


実際には書籍のチャプター4に
購買意欲を掻き立てるための101個の
チェック項目というものが存在します。

読んでみてください。

現代広告の心理術101の評判・レビュー

ランキング記事・レビューまとめ記事の作成

レビュー記事のほかに
もう一つブログの収入源になる記事の書き方があります。

それが「ランキング記事」の作成です。

この2つはブログの収入源です。

レビュー記事と比べ
ランキング記事は1ページに
複数の販売ページへのリンクを入れるため
売れる可能性が高いという特徴があります。

またレビュー記事への誘導としても使えます。

ランキング記事の作成方法は
こちらで徹底的にまとめてあるので
読んでみてください。

ランキング記事の書き方・テンプレート【完全版】

コメント

タイトルとURLをコピーしました