Webサイト競合分析【勝つキーワードを探す簡単な方法】

ブログ

はてなブログ、アメブロ、Wordpressなど
ブログ単体での集客で
Google検索エンジンの上位表示を
短期で狙うには競合調査はかかせません。

何故なら沢山検索されている
キーワードで記事を書いても
あなたのブログの記事数などが少ない場合
記事数の多いブログに勝てないからです。

弱者には弱者の戦略があります。

それがキーワード選定です。

初心者でも簡単にできるキーワード選定方法は
こちらで手順解説しています。

ブログ集客SEO方法を初心者おすすめのコツ【5分で完了】

今回は調べたキーワードから
更に競合サイトを調査していく方法です。

この方法を使うことで
より精度が高いブログ集客が可能となります。

とは言え競合をチェックことは
難しいことではありません。

今回はその方法を紹介していきます。

競合分析する相手とは?

検索エンジンの上位表示を狙う上での
競合とは個人ブログだけではありません。

あなたが狙いたいキーワードで検索してみてください。


上位に来ているものは個人ブログしかありませんか?

そんなことはないはずです。

そもそも勝てないような
相手の場合もあります。

それを2つ紹介します。

避けるべき競合相手①広告

まず広告です。

広告はGoogleにお金を払って
上位枠を買っている人たちが相手なので
いくらそのキーワードで記事を書いても
無駄です。

なので広告が羅列しているキーワードは避ける必要があります。

ただそのキーワードに対して
明らかにおかしい広告が出ている場合は
検索者が欲しい情報を提供できていないので
有効な場合もあります。

例えば「ダイエット サプリ」という
キーワードで検索しているのに
広告がダイエット器具の広告だったりしたら
逆にチャンスの可能性もあります。

避けるべき競合相手②大手企業サイト

次に大手企業のサイトが
上位に来ている場合は避けるべきです。

大手サイトとは楽天やAmazonのような
ショッピングサイトなどです。

他にも通販サイトは沢山あるので
そういったサイトが上位を占めている場合は
サイト自体のコンテンツ量で勝てないので
避けた方がいいです。

通販サイト例(ゾゾタウン、ベルメゾン、セシールなど)

競合を避ける超簡単な戦略

この方法は大手サイトには有効ではありませんが
広告は一発で排除できます。

それにはキーワードプランナーという
Googleの無料ツールを使います。

キーワードプランナーが分からない場合は
こちらの記事を読んでみてください。

この方法は簡単です。

キーワードプランナーでキーワードを検索して
値段がついていないキーワードを狙うだけです。

広告競合を一発で排除する手順

キーワードプランナーでキーワードを
調べる↓の画面になりますので
右側の赤丸をつけた部分に注目してください。

赤丸部分はキーワードがクリックされた場合の値段です。

赤丸部分を広げてみると↓

キーワードから広告がクリックされた場合の
最低額と最高額が表示されています。

なので広告を排除するには
値段がついていないキーワードを
狙えばいいわけです。

↑の画像では赤丸以外のキーワード
は「ー」になってますよね。

これが値段がついていないキーワードなわけです。

これらのキーワードを狙うことで
上位に広告が来るキーワードは
一発で排除することが出来ます。

Webサイト競合分析【勝つキーワードを探す簡単な方法】まとめ

今回はよりブログ集客の制度を高めるために行う
競合分析方法を紹介しました。

・広告と大手サイトが上位に羅列している場合はそのキーワードは避ける

・広告キーワードはキーワードプランナーを使えば1発排除できる

ブログ記事が少ない場合やアクセスが集まらないうちは
こういった戦略を使うことがより短期での集客に繋がります。

ぜひ活用してみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました