ラッコキーワードとキーワードプランナー初心者がキーワード選定【必須ルール】とは?

ブログ

ラッコキーワードとキーワードプランナーは
アフィリエイトブログを構築する際に誰もが
1度は使うツールでしょう。

キーワード選定をする上で
初心者に重要なことは
挫折せずネタを見つけることです。

挫折しなければ上級者向けの
洗練させたキーワード選定が出来なくとも
ブログへアクセスは集まってきます。

このためにラッコキーワードと
キーワードプランナーを使い
最短でブログ集客をする
キーワード選定のルールを紹介します。

ラッコキーワードとキーワードプランナーでキーワード選定するルール

それではラッコキーワードとキーワードプランナーを使ったルールを紹介していきます。

ルールは以下です。

①キーワードプランナーで検索ボリューム1000以下を狙う

②キーワードプランナーで競合が【低】のみを狙う

③ラッコキーワードの【見出し(hタグ)柚出】ツールでリライト記事の見出しを検索

④各見出しをGoogle検索しながら記事作成

これです。

これが初心者でも簡単なので挫折せず、
ブログアクセスを最短で集客するルールです。

それぞれ説明していきます。

①キーワードプランナーで検索ボリューム1000以下を狙う

まずはこれです。

キーワードプランナーはGoogleが広告運用するために
提供してくれているサービスですが
キーワードの検索ボリュームと競合を調べることが
容易に出来るので必ず導入してください。

検索ボリュームとは月にどれくらい検索されているかです。

競合とはそのキーワードの強さです。

Googleアカウントがあれば無料で使えます。

ただ広告運用をしている方達よりは制度が低くなりますが
今回の方法であればそれほど関係ありません。

キーワードプランナーにアクセスしたら
「新しいキーワードを見つける」を選択します。

そして狙いたいキーワードを入れます。

狙いたいキーワードがよく分からない場合は
あなたがブログテーマにしているジャンルの
ビックキーワードを入れてみてください。

ビックキーワードとは「ダイエット」とか「スポーツ」など
1つの大きなキーワードです。

今回は例としてアフィリエイトで検索してみました↓

アフィリエイトになっている部分にキーワードを入れ
「検索を表示」を選択してください。

これで沢山の関連キーワードの
検索ボリュームと競合が表示されます。

これで検索ボリューム1000以下のキーワードを探していきます。

②キーワードプランナーで競合が【低】のみを狙う

競合の部分をクリックすると「低」を
冒頭に持ってきてくれるので
検索ボリュームが1000以下のものが
簡単にみつかります。

このように検索ボリューム1000以下で競合「低」という
宝の山が沢山見つかりましたね。

このキーワードを見ながら
ラッコキーワードに移していきます。

③ラッコキーワードの【見出し(hタグ)柚出】ツールでリライト記事の見出しを検索

ラッコキーワードには「見出し(hタグ)柚出」というツールがあります。

これを使うことでキーワード検索の
上位10のサイトやブログの
タイトルと見出しを表示することが出来ます。

これでリライト記事の候補を見つけることが出来ます。

左のh1、h2のみにチェックを入れ
キーワードをコピペして
「検索上位サイトから柚出」を選択するだけで
右側に上位10個のサイト・ブログのタイトル
見出しが見れます。

見出しはURLをクリックすると表示されます。

④ラッコキーワードの各見出しをGoogle検索しながら記事作成

ここまでの作業で既にキーワード選定は終わっています。

そしてリライトするためのネタすらも
0から考える必要がありません。

タイトルと見出し、本文もラッコキーワードで
柚出された各記事を参考にすることが出来ます。

ラッコキーワードの更に詳しい使い方はこちらの記事を参考にしてみてください。

ラッコキーワードとキーワードプランナー初心者がキーワード選定【必須ルール】とは?まとめ

今回紹介した方法を使えば
記事が書けないということはありません。

キーワード選定からノンストップで
記事作成までいけます。

①キーワードプランナーで検索ボリューム1000以下を狙う

②キーワードプランナーで競合が【低】のみを狙う

③ラッコキーワードの【見出し(hタグ)柚出】ツールでリライト記事の見出しを検索

④各見出しをGoogle検索しながら記事作成

試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました